アフィリエイト

物販アフィリエイトはAmazonと楽天どちらでやるべきか?それぞれのメリットとデメリットとは?

こんにちは、まことです!

最近アフィリエイト歴数ヶ月の人からよく聞かれる疑問についてお答えします。

 

アフィリエイト初心者で必ずと言って良いほど登録するASPって「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」ですよね。

この2つは物販系やブログアフィリエイトをやる場合は必ず登録するASPです。

 

では、実際にAmazonと楽天を登録してどちらの商品を紹介するのか?どちらのASPから商品を紹介するべきなのか?

片方にしかない商品だったらそれを紹介すれば良いのですが、Amazonと楽天両方にある商品の場合どうするべきなのか?

そんな疑問に両者のメリット・デメリットを踏まえてお答えします。

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの特徴

まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

この二つのASPにはクッキーの有効期限や料率の違いなどがあります。

同じ物販系(百貨店型)のASPですが、それぞれに決定的に違う特徴があるのでそれを頭に入れておきましょう。

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトのクッキーの有効期限は24時間です。

「クッキーの有効期限が24時間」がどういうことかと言いますと、「一度アフィリエイトリンクをクリックした人がその時に買い物をしなくても、24時間以内に買い物をしてくれれば自分が紹介したことになる」ということです。

 

Amazonアソシエイトの料率は商品カテゴリーによって決まっています。

Amazonアソシエイトは1つの商品の紹介料の上限は1,000円です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-22-07-23

ここにしっかりと記載されていますが意外と見落としがちです。

例えば、家電が紹介料2%なので5万円の家電を紹介すると1,000円の紹介料が入ります。

しかし、10万円や15万円の家電を紹介しても同じく1,000円しか紹介料が入りません。

 

また、Amazonアソシエイトは成果報酬の確定率が高いです。

私の感覚だと成果の95%以上は確定する感じですね。

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトのクッキーの有効期限は30日間です。Amazonに比べるとかなり長いのが分かりますね。

しかし、30日の間に他の人のアフィリエイトリンクを踏んでしまうとそちらが上書きされます。

 

楽天アフィリエイトの料率は基本1%です。

もちろんものによっては5%や10%など色々ありますが基本1%だと考えた方がいいです。

そして楽天アフィリエイトには紹介料の上限がありません

私もこのように1つの商品で3,980円や4,900円の紹介料を貰っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-23-14-10

5%や10%の料率ですが1つの商品で5千円近く報酬が入るのはかなり大きいですよね。

 

楽天アフィリエイトの場合成果の確定率が少し低いです。

私は確定率80%くらいですかね。

どちらの商品を紹介するべきなのか?

では、実際にAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトのどちらの商品を紹介するべきなのか?

クッキーから見ると楽天の方が良いように思えるし、料率を見るとAmazonだし、紹介料の上限は楽天だし、確定率を見るとAmazonだし…。

 

答えは簡単です。

両方のリンクを貼りましょう!

もちろん場合によってはどちらかを優先した方が良い時もありますが、基本的には両方のリンクを貼るのが正解です。

 

Amazonのリンクしか貼っていない場合、楽天でお買い物したい人を逃すことになります。その逆ももちろんあります。

本当はAmazonで売りたいけど、楽天で買い物する見込み客を逃すくらいなら楽天のリンクを踏んでもらった方が得です。

要するにAmazonと楽天の二つのリンクを貼っておいて、あなたの好きな方でお買い物してくださいって事です。

二つのリンクを貼る場合、必ずAmazonのリンクなのか楽天のリンクなのか分かるようにするのがコツです。

まとめ

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトはセットと考えて下さい。

うまくリンクを貼る事でかなり大きな報酬を得る事が出来ます。

 

私も昔は楽天しか貼っていませんでしたが、Amazonと楽天両方を貼るようになってからは売り上げが3倍以上に伸びました。

また、料率の高い商品や価格が高い商品の場合はどちらかを優先させたりしてうまく収益に繋げましょう!