ツールで効率化

カエレバの使い方|Amazon・楽天アフィリエイトを効率化!

アフィリエイトをすでに始められている方、これから始めようと色々調べている方はご存知かと思いますが、Amazonや楽天アフィリエイトをする上で一度は耳にするのが「カエレバ」というツールです。

カエレバというツールは、Amazonや楽天のアフィリエイトリンクを同時に作成することができ、一発のコード貼り付けで作業が完了するという優れものです。ブロガーやアフィリエイターなら誰しもが知っているツールで、その利用率もかなり高く、使わない手はないでしょう。

そんな便利なツール「カエレバ」の使用方法について、詳しく解説していきます。

カエレバの使用方法

カエレバを使用するには、Amazonや楽天のアフィリエイトプログラム、もしもアフィリエイトなどのASPに登録しているのが前提となります。つまり、Amazonや楽天アフィリエイトを行える状態であることが前提です。

アフィリエイトの登録がまだ済んでいない方は、Amazonと楽天アフィリエイトができるASPを参考にしてください。

あわせて読みたい
Amazon・楽天アフィリエイトができるASP|報酬率・支払いの比較こんにちは!当講座の講師まことです! サイト・ブログ運営初心者でも比較的簡単に成果をあげられるアフィリエイトといえばAmazon・楽天...

アフィリエイトの準備が整っている方は、カエレバの公式サイトにアクセスします。

少し下にいくとユーザーデータ入力という項目が出てきます。この項目の「アマゾン」と「楽天」の欄にアフィリエイトIDを入力して保存します。

アフィリエイトIDって何?って思いますよね。

ちゃんとAmazon、楽天、もしもアフィリエイトのIDの調べ方も解説しますので安心してください。

AmazonのアフィリエイトIDを調べる

Amazonアソシエイトのトップページ上部にあるアカウントメニューから「トラッキングIDの管理」をクリックします。

 

作成済みのトラッキングIDが表示されますので、任意のIDをカエレバにコピーして貼り付けます。(例:「makoto-22」)

 

もしもアフィリエイトでAmazonと提携している場合は、Amazonのアフィリエイトリンクを作成したときのソースコードの中にからIDを抽出します。

コードの中に「a_id=******」のような部分があるので、「=」の後の数字の部分のみをコピーします。

楽天のアフィリエイトIDを調べる

楽天アフィリエイトはアフィリエイトIDを確認できるページにアクセスすると、自分のIDを簡単に確認することができます。

ここに表示されているアフィリエイトIDをコピーします。

 

もしもアフィリエイトで楽天と提携している場合は、楽天アフィリエイトリンクを作成したときのソースコードの中からIDを抽出します。

Amazonと同じくコードの中に「a_id=******」のような部分があるので、「=」の後の数字の部分のみをコピーします。

アフィリエイトリンクを作成する

アフィリエイトIDの登録が完了したら、アフィリエイトリンクを作成することができます。

まずは、カエレバのトップページにある「カエレバブックマークレット」をブックマークに登録します。

「カエレバブックバークレット」のリンクを、ブックマークバーへドラッグ&ドロップします。

 

ブラウザ上部にブックマークバーが表示されていない場合は、メニューバーの「表示→ブックマークバーを常に表示」にチェックを入れると表示されます。(Chromeの場合)

 

ブックマークが完了したら、Amazonでアフィリエイトリンクを作成したい商品を探し、商品詳細ページでブックマークした「カエレバブックマークレット」をクリックします。

 

「商品キーワードは手動で入力してください」との注意が出る場合、そのままOKを押してください。

 

Amazonで表示していた商品がカエレバにも表示されるので、商品キーワードを入力して更新を押し、コードをサイトやブログに貼り付けます。

商品キーワードとは、Amazonや楽天で検索窓に入力されるキーワードのことです。

 

ブログに貼り付けると、さまざまなデザインでAmazonと楽天のアフィリエイトリンクを表示させることができます。

まこと
まこと

Amazonと楽天のアフィリエイトリンクを同時に作成できるので、かなりの時短になって便利だね!

商品キーワードとタイトルの設定

カエレバで作成したAmazonや楽天のボタンは、検索結果ページにリンクされています。これは、カエレバの商品キーワードで入力した検索結果ページにリンクする仕組みになっています。

このカエレバの商品キーワードの設定が適切でない場合、目当ての商品が表示されにくいことがあります。

例として、シャープの「50V型4K対応テレビ AQUOS LC-50U45」という商品を紹介したいときに、商品キーワードに「テレビ」と入力してしまうと、リンク先で目当ての商品を探すのに苦労します。

下のカエレバで作成したリンクは、Amazonや楽天ボタンを押すと「テレビ」の検索結果が表示されます。そこから「AQUOS LC-50U45」というテレビを探してみてください。

このキーワード設定では、目当ての商品を探すのが大変ではないですか?

そこで、商品キーワードをより詳しく入力します。次のカエレバリンクの商品キーワードはテレビだけではなく「AQUOS LC-50U45」と型番を含めた詳しいキーワードを入力してみました。

このリンクだと目当ての商品がすぐに見つかったと思います。

このようにカエレバの商品キーワード設定はとても重要です。わざと大きなくくりでキーワードを設定するのか、特定の商品を表示させるために詳しいキーワードを設定するのか、よく考えて入力するようにしましょう。

 

また、カエレバではAmazonの商品タイトルがそのまま表示されるようになっており、そのままリンクを作成すると70文字程度のダラダラと長いタイトルになってしまいます。長いタイトルはスマホ表示だとより見にくくなるので注意が必要です。

カエレバリンク作成画面のタイトル変更で、短くてわかりやすいタイトルに書き換えてから、サイトやブログに貼り付けるようにしましょう。

まこと
まこと

細かな気遣いが売上アップのコツだよ!

まとめ

カエレバはAmazonと楽天アフィリエイトをやる上で欠かすことができないツールの1つです。

しかし、商品キーワードやタイトルの設定1つで、大きくアフィリエイト報酬にも影響が出てくるので、便利だからといってなんとなく使用するのだけは避けたいところです。

便利なツールも正しい使い方をマスターして、損しないアフィリエイトで売上アップを目指しましょう!